読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotane*のしあわせの種

梨森すずがお届けする暮らしの中のしあわせの種

ホロスコープ共感覚

f:id:kotane111:20160913213611j:plain

ホロスコープをみると、メロディーがきこえてくる。

アスペクト(結びつき)が和音になってきこえたり。

ハウスで音色が変わったり。

知識は別のところに追いやって、感覚に任せてメロディーをきいてみる。

 

綺麗な和音、複雑な不協和音。

不協和音もうまく使いこなせばアクセントになるし、すごくかっこいい。

人はホロスコープという楽譜を人生をかけて演奏する演奏者なのかな。

同じ曲でも演奏者によって全然ちがう曲になったりする。

だから、おもしろい。

出生図は天空に刻まれたDNA情報だと思っていたけれど、今はこちらの解釈の方が気に入っている。

 

そういえば子どもの頃、時計の文字盤で共感覚があった。

アナログ時計の文字盤を見ると、映像がみえるのだ。

小学生のころは授業がつまらないと、時計を見てひとりで笑っていた。

(ヤバイ奴…)

それがふつうだと思ってまわりの子に話したりしてたけど、そのうちやめた。

 

「今日はどの子と遊んだの?」と母に聞かれて

「こんな子~♪♪♪」と音で表現したりもしてたっけ。

 

どうやら、円盤状のものと音に共感覚がおこりやすいみたい。

というか色とかと違ってマイナーすぎて、共感覚といえるのかわからないけれど…

いつかホロスコープのオルゴールを作ってみたいな。

この感覚の規則性がわかったら。

もっともっと勉強しなければ。

 いつかクライアントさんとも共有できたら面白いな(*^^*)