読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotane*のしあわせの種

梨森すずがお届けする暮らしの中のしあわせの種

樹と話す

樹と話す

f:id:kotane111:20160910112458j:plain

今朝、ひさしぶりに樹とはなした。

わたしは迷った時、ふとした時、樹とコミュニケーションをとる。

風にのって話しかけられることもある。

今日もそうだ。

でも、声の主、鎮守の森の木々は、今はもうない。

切り倒されて、根を抜かれ、今あるのは囲いだけ。

それでも樹はささやく。

わたしはかつての姿を知っている。

心に残るあたたかい場所。

切り倒された樹とはなすのは、思えば初めてかもしれない。

不思議と哀しみより、温かい気持ちだった。

そのささやきは、言葉にするとこんな感じだ。

「形ではなく本質を視よ」

「心で視ることを忘れるな」

地上からは見えないけれど、地下深くでは根が繋がっているのかもしれない。

その自らの状況でもってわたしに大切なことを思い出させてくれた、優しい存在。

 

幼いころから親しくしてきた木々たち。

住宅開発の妨げとして、ほとんど切り倒されてしまった。

守ることができなかった無力さ。

それでも。

会いに行こう。

土地の歌を聴こう。